忍者ブログ

仲間

 何度かPKに襲われ、装備を全部無くしたおれは幽霊ローブ一丁のまま、
しかも、初期にもらえるお金(この頃は100GPしかもらえなかった)も、とっくになくなっていた。

 戦士を目指すのに、鎧も剣もないのでは話にならないので、ごみ拾いをすることにした
街道沿いに歩くと、誰かが放った矢が落ちている、、、

あぁ、もったいない

せっせと拾っては、売りに行く


当たり前だけど、一本1GPでしか買ってくれません(泣)

それでもめげずに、拾って歩く。そのうち、NPC商人さんは、買い取ってくれなくなってしまった(笑)

よし、次!

誰かが残していった皮(革でなく、皮ね、、はさみを入れる前の、なめしてないやつ)
を拾う、、

お、重てぇ

すぐ、スタミナがなくなり、歩けなくなってしまう

通りすがりの人が、はさみを入れると、軽くなるよ、と教えてくれる、、

さっそく、ちょきちょき

そうやってなんとか、プレートメイルの上だけと、剣を買って、動物相手に鍛錬をする

そして皮をとって、ちょきちょき、、、、

やがて、スキルも、動物相手では上がらなくなってきた
リザードマンに挑戦してみる

一撃で、瀕死の状態、、に、にっげろーーー

包帯を巻きながらやっているのではあるが、いかんせん、スキルが低いので、成功しないのである

離れては、体力が回復するのを待っては、また突撃の繰り返しである

そんな俺にも、同じ頃にはじめた仲間ができた
名はウシワカと言った

かれはPKKになるのが夢だと、熱く語った
よく一緒に冒険に行くようになったのであるが、、、

しかし、リアルの都合で、俺はしばらくUOをやらない期間があり、しばらくして彼と会ったとき、彼は立派な戦士になっていて、あるギルドでPKKとして活躍していた

なんとなく、置いてきぼりを食らったような気がして寂しい気分を味わった

拍手

PR


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL